PointCloudConsortium > PCCブログ

PCL、3D関連の情報をブログ形式で発信します。

Windows8.1でPCLを動かすまで(初心者編②)

前回までにPCL・Visual C++のダウンロード・インストールまでを紹介しました。
今回はVisual C++ 2010 Expressの初期設定を行っていきます。
Visual C++ 2010 Expressを起動して設定を行う前に前準備として必要となる設定があります。
64bitでのビルドを行うための準備、環境変数を通し方を順番にメモ書きで紹介していきます。

Windows8.1でPCLを動かすまで(初心者編①)… インストール方法

■Visual C++ 2010 Expressの初期設定

<1>Visual C++ 2010 Expressのソリューションプラットフォームにx64を設定するために
Microsoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 4を公式サイトよりダウンロード・インストール
なぜか再頒布可能パッケージが邪魔をしてインストールできないことがあるので前回の記事で紹介した再頒布可能パッケージを使用してアンインストールします。
・Microsoft Visual C++ 2010 x86 Redistributable ←アンインストール
・Microsoft Visual C++ 2010 x64 Redistributable ←アンインストール
アンインストール完了後にダウンロードしたWindows 7 and .NET Framework 4をインストールします。
インストールが完了したら先ほどの再頒布可能パッケージを再度インストールします。
Visual C++ 2010 Expressを起動しソリューションプラットフォームでx64が選択できることを確認します。

<2>環境変数のパスを設定
環境変数が通っていないと(dllファイルまでのパスが通っていないと)ビルドの際に「dllファイルが見つかりません」とエラーになってしまいます。
Debug、Releaseフォルダに「C:/Program Files/PCL 1.6.0/bin」の.dllファイルをコピーすれば使えますが200MBほどのデータをプロジェクトごとにコピーするわけにはいきませんので環境変数を通すことで解決します。
コントロールパネルのシステム/詳細設定/環境変数にて追加することができます。
今回は「Rapid Environment Editor」という便利なソフトありますのでこちらを使って設定します。
公式ページのヘッダ部分Latest versionからダウンロードできます)

インストール完了後、アプリを起動するとシステム変数(読み取り専用)、ユーザー変数と2つエリアが表示されます。
まずはヘッダメニュー/ファイル/管理者として実行を選択します。
システム変数の読み取り専用が消えているのを確認します。
システム変数の「Path=c:\Program File(x86)\………を選択し右クリックで値の追加をし
「C:/Program Files/PCL 1.6.0/bin」
「C:/Program Files/OpenNI/Bin64」
を入力します。
これで環境変数の設定完了できます。
もしどうしても環境変数が通らない場合(ビルド時にファイルが見つからないエラーがでる場合)C:\Windows\System32にdllファイルをコピーすると動きますがあくまで応急処置です。

ここまででPCL、Visual C++ 2010 Express起動までの準備が整いました。
後はVisual C++ 2010 Expressでインクルードの設定を行えば初期設定完了です。
続きは次の記事で紹介します。

有限会社マグネットインダストリー
西内伸太郎

2014年6月25日

本コンソーシアムに関するお問合せ、PCL・3D関連のご相談はお問合せフォームよりご連絡ください。

  • PointCloudLibrary
  • エス計画
  • マグネットインダストリー
  • DERiVE
Copyright (C) 2014 PointCloudConsortium All Rights Reserved.